teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


メーガマリン

 投稿者:砂城  投稿日:2020年 7月 2日(木)01時18分53秒
  タントラ昔話の続きです。

スタートが「マンダラ」ってMAPで、次が「シャンバラ」
このシャンバラのダンジョンというか、もうこれ洞窟って言った方がいいかな。
シャンバラ洞窟、ってゲーム内でも表示されてたもんね。
で、その洞窟の奥に「メーガマリン」様というボスがいらっしゃったんです。

大体LVが20過ぎくらいで行けるとこだった気がするけど
その洞窟の中にいるのは20じゃ絶対無理な強さ。
クエストで、入り口からちょろっと入ったところで狩りをする必要があったんだけど
瀕死になりつつ、ひーひーいいながらやるようなところ。

更に奥に行くとミイラみたいなジーちゃんだの、ちんまいドラゴンだの、
二足歩行のトカゲだの、山盛りいて全部強い(当時のプレイLVから考えて)。
ただ、強い分経験値もいっぱいくれるんで、ここでPTプレイとかできたら
きっとおいしかっただろう……生憎とソロしかできなかったけど;

そして、そんな怖ーい方々の間をすり抜けて、最奥部にいくとB2への階段がある。
1階は天然の洞窟な風景で、その中に大量のMOBがいたんだけど
2階はいきなり人工的になる。石造りの、神殿みたいな感じ。
そしてMOBはいない、いるのは「メーガマリン」様だけ。

そりゃもうでっかいのよ。自キャラの数十倍はあろうって大きさ。
んで、ぱかっと開けた口の中には「誰か」いる。怖い、むっちゃ怖い。
(この『誰か』についてはストーリーがあったんだけど、今は割愛)

しかし、このメーガマリン様。特にクエストがあるわけじゃない。
なのでほっといてもいいんだけど……気になるよね?
つい近づいちゃうよね? そして、アクティブ範囲に入ると……瞬殺。
マジで一撃でオーバーキル。耐えるとかそういうレベルじゃない。
あっという間に拠点に死に戻り。

なんじゃこりゃーっ! ですよ。
余りの破壊力に、
「ああ、こりゃ討伐対象じゃない。なんかこう、3主神とか、そういう感じの絶対無理だけどなんでかそこにいるやつだ」と、当時は思った。
しばらくずっと思ってた。

だが、LVキャップが40になった時。
なんとそのメーガマリン様討伐プロジェクトが進行しているといううわさが。
マジか?? と思った。

当時のトップASの廃な方々が、聞いた話だと5PT(40人)くらいで突撃したらしい。
だが、失敗。
その時に判明したのが、敵はメーガマリン様だけじゃなかったという事。
最初は確かにお一人なのだが、途中でドラゴンが三体ほど沸いた。
これがまた(当時は)結構強くて、1PTで一匹たおせるかどうか。
それが三体。ご本尊(メーガマリン)様もご健在。
検討するも、最後は全滅……デスペナ痛いよ、お母さん……

けど、流石は廃様。
一度の失敗じゃ諦めなかった(実際、ある程度までは削れたようだ)
計画を練り直し、わざわざ討伐の為のサイトまで作り、
人を集め、各職の強者たちを集めて再チャレンジ!
最終的に何人でやったんだろうなぁ。
それでも二時間近くかかったとか聞いたときには、尊敬しました。

そんなメーガマリン様ですが、苦労した甲斐があるというか、
当時ではものすごいレアアイテムをドロップしてくださいました。
MTには垂涎の的の「英雄の盾(猛獣)」
欲しかったなー……最終的にはもてましたけどね。
まぁ、実際にはレアドロップもうれしかっただろうけど、何よりも
「倒せた」ってこと自体でもう鯖全部でお祭り騒ぎですよ。

私は雑魚で、そんな話を聞くだけだったんだけど
なんかねー、こういうの、今はないよねぇ。
ID(インスタンスダンジョン)ばっかりで、入れるのは1PTだけ。
レイドボスってのはあるけど、なんというのかな……
「倒せる」のが前提というか、倒せて当たり前というか。

「どう考えても無理だろ」みたいな感じの強敵に
主神やギルド(AS)を超えて協力する、みたいなの、無いよね。
(てか20~30くらいのMAPにそんなもの置いとくなって話かもしれんのだが)

後々LVキャップが70になったころには1PTでも十分倒せてたんだけどね。
私も70になって、たまーにお目にかかりに行ったら、お留守の事が多くて
「ああ、誰かやってたんだなー」みたいな。
たまに、観光してる時にリポップして、泡くって逃げ出したこともあるけどw
(知り合いに囁きしてきてもらって倒したこともある)


何せ昔の事だから、記憶違いもあるかもしれんけど
とりあえず、何もかも皆懐かしい……
今、あのシステムでもう一回やれと言われたらきっと躊躇する
が、涙を流しながらやっちゃうかもしれない。

こうやって書いてるうちに、あれやこれやとまたどんどん思い出す。
次は、聖地からのチャトランガかなー、それともヤマトの武者PTか……
気が向いたらまた書きます。



 
 

BBQ

 投稿者:砂城  投稿日:2020年 7月 1日(水)15時24分0秒
編集済
  BBQ、つまりバーべキュー。
ゲーム内で何それ、と思うだろう。
私も最初に聞いたときは思った。

ソロメインでちまちまと上げていた私は知らなかったんだけど、
必死で効率を上げることを模索していた先行者たちが見つけたやり方です。

流配地っていうMAPに牛によく似たMOBがいたんです。
こいつらスタンを持ってて、とても狩りにくい。
けど、経験値は結構いい。
で、どうするかというとまずフルPTを組みます。

仁王1、薬叉2、呪法師2~3、召喚師1、釣り1~2。
釣りは職じゃないけど、PTでの役割ね。
仁王は勿論MT、薬叉は仁王のHPを回復するヒーラーの役目。
呪法師は普通に火力で、召喚師は火力を出しつつPTメンバーのMPを回復(できるんよ)。
で、残る釣り(なんでもいいがナガキンは足が遅いので向かない)が
その辺にいるMOBに一発入れつつ、大量にトレインして
他のメンバーが待ってるところまで連れてくる。
連れてきたら、そのまま仁王になすります。
(ヘイトがとんでもなく高いんでそっちにターゲットが移る)。
集まったところで、火力様たちがこんがりと焼きあげるという寸法。
牛(MOB)を焼く(殲滅する)からBBQ。誰だ、こんなうまい事言ったのはw
仁王のヘイトが高いから、そんなことしても火力にはタゲがいかないからこそ
出来たシステムですね。

ちなみに仁王は、先にいったようにMOBにスタンがあるから
ずっとスタンしっぱなし、つまり棒立ち。
ひったすら頭突きを食らうのがお仕事で、
ガンガン減っていくHPはお薬様が回復してくれるけど、とっても暇。
正直、眠たい。というか、寝る。
しかし実を言えば、他の人も眠くなる。
ひたすら無言でヒールしてるか、範囲スキルをぶち込む作業ですから。
(釣り以外はね、釣りは寝そうになったら即死だから必死で起きてる)
そんなPTなので、仁王は、そんなPTメンバーをを眠くならないようにするのもお仕事でした。
つまり、ひたすらチャットする。
話題は何でもいいから、チャット読んでもらってる間だけでも眠気を忘れるようにがんばる。
食いつきがよかったのは怪談系かな~。
あと、MMOあるあるとか。
それも尽きたら、愚痴を垂れ流す……たまーにPTメンが反応してくれるのが嬉しい、という
かなりつらい状況だったけどw
眠気に勝てなくて寝ちゃって(寝落ち)、朝、目が覚めたら一人で死んでたこともある。

そんなBBQPTが、最盛期は同時に3~4個あったかな。
MAPの広さでそのくらいが限度で、
勿論、場所によっては集めやすいとこ、集めにくいとこがあって
いいところをとれた時は、ちょっと嬉しかった。
釣りさんも、そっちの方が楽できたしね。

LVが上がるにつれて、狐(っぽいMOB)BBQとかに進化したけど
牛MOBが火属性に弱いからこそ高効率を叩き出せていたってのがわかっただけだったなぁ。

まぁ、その後はその後で色々とまた模索もしたんだけどね。
でも、楽しかった。
初のMMOであれだけ楽しかったから、今でも続いてるのはきっとあると思う。


あー、思い出すときりがないな。
他にも語りたいことあるから、また書こう。
 

DP熱は冷めてないけど

 投稿者:砂城  投稿日:2020年 7月 1日(水)15時02分53秒
編集済
  去年の大阪城ホールと、その後の福岡のライブいったけど
コロナでアリーナツアー中止になったしなー
最近、やっとテレビでは見るようになったけど、燃料が足りないです;

そして、趣味の一つであるオンラインゲームも、今いいのがない。
で、たまたま前にやってたゲームの知人と、チャットしてて思い出したのが
初めてやったオンラインゲームの「TANTRA」
もうとっくの昔にサービス終了しちゃってて、知ってる人はほとんどいない。

今はやりのID(インスタンスダンジョン)とかはなくて
ひたすら狩りでレベルを上げていくゲームだった。
一時間ひたすら狩りして経験値が1%増えれば御の字みたいな
今考えるとものすごくマゾいゲームだったけど、
その分、プレイヤー同士の連帯が強かったと思う。

で、暇すぎるので(今日は休みだし)ちょっと語る。
(いいのよ、一人語りしたい気分なのよ……)

運営会社はガンホーだった。

世界観はよくあるヨーロッパ調じゃなくて、何とインド。ヒンドゥーの世界。
そこでまず、三つの主神の中から一つを選びます。
ブラフマー(黄色がシンボルカラー)、ヴィシュヌ(赤)、シヴァ(青)。
一番多かったのはシヴァかな。次がヴィシュヌで、ブラフマーが少数派。
最初に作ったのは、私も青(シヴァ)だった。

キャラは4種族で職は八種類。
アスラ(男)、ラクシャサ(女)で選べるのが修羅(長剣or短剣の二刀流)と羅刹(弓)
ディーバ(男)、ガルーダ(女)は呪法師と召喚師(これは説明いらんな)
ナーガ(男)、キンナラで仁王(MT)と金剛(両手武器持ち)
ヤクサ(男)、ガンダルヴァ(女)で、薬叉(ヒーラー)と夜叉(殴り近接)。
種族での職の縛りはあるけど、男女どっちでも作れました。
この辺、仏教の用語とかも入ってきて、なかなかにマニアックでしたねー。

今と違ってキャラメイクはほとんどできなかった。
いくつかあるパーツから髪型とか顔とか体型を選ぶ程度。
でも初MMOですからね。ワクワクしながら作りましたよ。

ゲームシステム自体は、ひたすらクリック三昧。
移動もクリック、ターゲティングもクリック。
まぁ、今から考えればMMOの黎明期ですから、これが普通でした。

クエストを受けつつLVを上げていくおなじみのシステムです。
ただし、LV上げの途中(カンストLVまで)でクエが尽きるので、後は狩り三昧の日々です。
今はやりのID(インスタンスダンジョン)とかもなくて、全部、普通のMAP。
ダンジョン扱いしてても、やっぱり普通にみんなが入れます。
なので、レアMOBとかエリアボスは取り合いになります。
リポップが数時間感覚なんだけど、わき時間になると待ってる人がいてかち合ったりしてました。
ドロップは一番ダメージを負わせた人がもらえる系。
一発たたけばドロップが来るとかの甘い仕様じゃありません。
そこで殺し合いになるか譲り合いになるかは、中の人次第かなー。
私は、先に待ってる人がいたら涙を呑んで引き下がってましたけどね。

ギルドのシステムもちょっと変わっていて、名前が『アシュラム(ASと略す)』
ギルマスはマハラジャ(マハ)
サブは、マントリ
以下、ガジャ、アシュワ、ラタと続きます。
POTの名前もHPが「アムリタ」MPが「ソーマ」。
POTっていう呼び方はほとんどしなくて「アムソマ」って言ってましたね。

インド神話大好きな私の為みたいなゲームでしたよ、これ。


とにかく狩り(MOBを倒す)、ひたすら狩り。
たまにボス討伐。
デイリークエストとかもなくて、LVを上げたかったら狩りするしかない。
今、このシステムだったら絶対ウケないよねw
でも、当時はこれが当たり前だった(と思う)。
PTでやるかソロでやるかは好き好きだったけど、
私がやっていた仁王ってキャラは、固いしHPは高いけど、
火力面では底辺もいいとこだったんで、
育てようと思ったらPTを組むしかなかった。
フルPTで8人っていうのは、今考えるとえらい多かったな。
各職一人ずつ入れますよー、ってことだったんだろう。

ソロ無理な職がいたことでもわかる様に、『職』の重要度が今のゲームとは段違い。
どの職でも強化したらMOBとガチの殴り合いができる、なんてことはなかった。
(むっちゃ廃さんだと話は違うが、普通は無理)
鬼火力なのは呪法師だけど、同程度のMOBだと一発殴られたら瀕死。
下手したら即昇天のド級の紙装甲。
しかも、キャスト(モーション)時間があるんで、途中で動いたりダメージ食らったりしたら
キャンセル食らってました。
そのキャラも持ってたけど、逃げ撃ちがやたら上手くなりましたよ……。

ソロが楽だったのはアスラクかヤクガン。
うらやましかったなー。
そのキャラもありましたけど、なんか合わなくてメインMT、たまに呪って感じだった。

だけど、そんな仁王やディパガル(呪法師、召喚師)にも、ちゃんと救済はあった。
それがBBQと呼ばれたPTでした。
 

DA PUMP!(まだ語るぜっ!)

 投稿者:砂城  投稿日:2019年 4月 1日(月)11時05分45秒
編集済
  なんか妙なスイッチが入っちゃったんで、
世間様は新元号で盛り上がっていますが、昨日の続きをば……

DA PUMPって、4人でデビュー→3人になる(SINOBUが抜ける)
→9人に増える(YUKINARI抜けて7人入る)
→8人にへる(KENが抜ける)→さらに減って7人になる(新メンバーのうちKAZUMAが抜ける、イマココ)
前回というか、最初にブレイクしたのはオリジナルメンバー4人の頃ですね。
(え? 知ってる? ごめん、語らせてww)

抜けたメンバーの中で平穏無事というか、円満に脱退したのはKAZUMAだけで
他の三名は何かしらあって辞めざるを得ない状況だったようです。
とはいえ、この詳細については各メンバーのプライバシーもありますし
単なる一ファンが偉そうに語れることではないのですっ飛ばしますが
一人残されたISSAの心境はかなり修羅場だったんじゃないかと思います;
尤も、そのISSAもあれやこれやそれや……と、かなーりヤらかしてましたがね。
『平成の火野正平』とか言われてたそうですよ。
そりゃあのルックスの上に『女性に恥をかかせたらダメ』というフェミニズム(?)で、
オールウェルカムだったらしいので、そりゃそうなるわなぁ。
私的にはそういうのがダメなのもあり、フライデーだのなんだのにとりあげられても
「へー、ほー、ふーん……自業自得じゃね?」でしたね。
まぁ、当時は今ほどインターネットが普及してなくて
公式HPとかはあったんでしょうが、SNSやTwitterみたいな『本人の生の声』が届きにくく
TVや雑誌の情報でしか知ることができなかったのもあります。
情報操作されていてもそれがわからない状況だった可能性もあります。
……半面、今みたいな状況だったらもっと炎上してたかもしれませんがね。
で。
何がいいたのか、なんですが

「再ブレイクしたのが事務所の力で、実力のある人がつぶされない時代でよかったー><」

勿論、いろいろとヤっちゃったらそれなりのペナルティが来るのは当然です。
(例・純烈のアノ人とか……)
なので、過去のあれやこれやでDA PUMPというグループが不遇だったのも
ある意味、仕方のないことなのかもしれません。
……新メンバーにしてみたら『なんで俺らまで……』って思いもあったでしょうが
そこで腐らずに頑張ってくれたからこそ、今回の成功があったと思います。
それに何より、力のある所から理不尽な圧力をかけられてTVに出られなくなっても
今ならナンボでも対抗手段がありますよね。
ファンにしても、あの当時は抗議の電話や手紙を送ることしかできなかったのが、
今ならネットでの草の根運動でいくらでも援護射撃できますよね。
(某事務所の力も、当時ほど絶対的なものじゃなくなってきたようですし)
そういう時代になって、そこに持ってきての大ヒット!
『何時再ブレイクするの? 今でしょ!』ですよ。

勿論、ISSAが相変わらずふらふらひらひらと飛び回ってたら
私もここまでハマってなかったので、そういう意味でもいいタイミング(偉そうに^^;)だったんですがね。
基本的に、アーティストのプライベートには興味がなくて
目に入る部分(TVだのコンサートだの)だけあればいい、ってタイプだったんですが
このご時世です、嫌でも目に入りますしね。
その上、苦労していた頃の話とかも知っちゃったら貴方……。
今じゃ各メンバーのツイは全員分フォローしてるし、
インスタはチェックしまくってるし……私も変わったもんだ(汗)。
去年のブレイク以前には更新の頻度も低めだし、なんとなーく沈んだ(?)雰囲気だったのが
ちょっとずつ明るくなってきてるのとか感じ取れて
そこにまたウルっと来たりして。
年取ると、涙腺が弱くなって困ります;

『2018年は感謝の一年でした。2019年はその感謝をお返しする年にしたいと思ってます』

いやいや、感謝するのはこっちですよ。
youtube巡りで、つい原稿が遅くなって徹夜したっていいんです(←よくねぇよっ!)
次回のヒーロー(予定)が、ISSAをイメージしたものになりそうなのも自然の成り行きです。
ちょうど今は東北のツアーの最中らしいですが
くれぐれも体に気を付けてね!
海を隔てた遠くから、おばちゃん、君らを応援してるよーっ!
 

DA PUMP!(続き)

 投稿者:砂城  投稿日:2019年 3月31日(日)13時17分53秒
編集済
  やばい、語り切れないww

各メンバーの事にまで触れ始めると、ナンボ時間があっても足りなくなりそうです。
んな話はリアルでやれよ、て?
いや、そういう話ができる人が周りにいないんですよ……家族にも冷たい目で見られてるし;
でも、これだけは言って(書いて)おきたい。

KIMI君、どっきりGP 可愛かったですww

……末期やな、自分……orz


えー……気を取り直しまして次に行きましょう(まだ続くんかいっ)
『USA』の次のシングル『桜』
かーなーりチョイスが難しいとこに、これ持ってきましたかー。
バラード系来るんじゃないかと予想してたんですが
レゲエでしかも和テイストとは思わなかった。
RAP入ってないし、『ファビュラス』以外横文字ないし。
(まー、そのファビュラスがたった一言でえらい攻撃力ですが)
『美しい日本語を意識した』そうです。
私的には「え? そこでその単語をチョイス?」とかありはしますが
まぁ、作詞家の方の考えもあるでしょうし
それはひとまず置いといて。

『かつて見たあの景色、見せたい人がいるのさ』

……ウルッときましたよ、初めて聞いたときにはっ。
てっぺんからの、今は自分だけが見たことがあるそれを
不遇の時代を共に乗り越え、支えてくれた今のメンバーに
とうとうみせてやれるんですねっ
「ISSAさんをもう一度、武道館の舞台に立たせたいと思って頑張ってきました」
うんうん、君らの頑張りのおかげだよ。
草葉の陰から応援してるからねっ

――って書いてたとこで、去年のライブのDVD発売のお知らせがwww
どうせカメラ入ってたんでしょ? 売り出すよね? と思ってましたが
やっぱりかww
早速予約しますとも!

メンバー全員、去年から慣れない忙しさで体の疲れがたまってるだろうけど
気を付けて頑張るんだよーっ!
んでもって、ちょっと落ち着いてからでいいから任侠DVDの続きもお願いします
意外に面白かったんだよ、これが……あ、興味のある方は「極道十勇士」でググってねw

そんでは、早速アマゾンチェックに行ってきまーす!
 

DA PUMP!

 投稿者:砂城  投稿日:2019年 3月31日(日)11時43分22秒
編集済
  三年ぶりの書き込みがこれかいww というセルフツッコミは後回しにして
こんにちは、砂城です、まだ生きてますw
あ、おかげさまで売り上げがアレなのに、あれからまたお仕事いただけまして
元OL二巻に引き続き、「蹴落とされ聖女は極上王子に拾われる(全二巻)」でてます、4649!
……って、いや、今はそっちの話じゃないんです。
DA PUMPですよ、DA PUMP!
ええ、もちろん、世間の流行に乗っかって昨年のUSAからのにわかファンです。
つっても、無駄に年だけは食ってるんでデビュー時代も知ってたりしますがね。

実のところ、デビュー当時は
「歌とダンスは確かにうまいけど……ちょっと趣味じゃないなぁ」
でございました。
なんていうのかなー、歌(声)は好きでも、若い(すぎる)のがね……。
ビジュアルが当時の最先端のファッションだったんでしょうが、どうにもチャラく思えてしまいまして;
なので、曲はきくけど(当時はよくTVにでてましたからね)
メンバーにはほとんど興味がありませんでした。
なので、その後しばらくして某事務所につぶされた、って噂があったときも
「あー、そうなのか。まぁ、あそこににらまれちゃったらなぁ……」
気の毒には思いつつも、浮かんでは消える芸能界の習い、って感じでした。
その前後に、メンバーの不祥事とか脱退騒動とかも続いてたようですし、
ある意味自業自得のとこもあったんじゃねーの? と。

と、まぁ、上記のような感じで10数年経ってたんですが
そこに持ってきて昨年の再大ブレイクですよ。

「え? まだいたの? しかも人数増えてる!? ISSA以外の人知らんのだけど??」
「ラップがKENじゃなくなってるし? てか、このファンキーな子(KIMI)誰?」
「ビジュアルが強面系……いや、一人むっちゃ可愛いの(DAICHI)がいるし、この背の高いイケメン(YORI)だれよ??」
「ISSA、まだダンスできたん?(←事故の話は知ってた) しかも、前よりも声出てね?」

そこからはもう、大雪山のてっぺんから雪玉を転がす勢いですよ。
元々『曲と歌声』は好みだったんです。
だけどISSAの(当時の外見と、あれこれと騒がれたスキャンダル系の)チャラさがダメだったんで^^;
それが10数年経って、それなりに落ち着いたとなれば……ねぇ?
youtubeで動画を漁りまくり、グーグルでメンバーのあれこれを調べまくり
突如として出演回数の増えたTV番組を見まくり
「……えー、そんなことがあったんだ……」の連続で。
そういうことがあったってだけしか知らなかった初期メンバーの脱退の話の詳細とか、
人数増えて直ぐ後の事故の話とか
唯一、スキャンダルがなかった人なのにKENが抜けた経緯とか……etc
(ISSAのせいで)休止状態が続いて空中分解かと思ったとこへ、
奮起した新メンバーの発案によるイオンモールの草の根活動
そこに持ってきて、今回のUSA!
もう、おばちゃん、涙ですよ><

活字がないと生きていけないけど、音楽は別に……だったはずが
気が付いたらガラケー→スマホ→楽曲を有料DLするわ(ipodはもってない)
ライブDVDをアマゾンでポチるわ(短期間に4枚買った)
ISSA(とYORIとDAICHI)が出演してると聞いてDVDをレンタルしたり(なんと任侠ものっ)
ポルノグラフィティも好きなんですが、こんなこと、彼らにすらしたことないです。
……なんていうんでしょうかね、ずっとコンスタントに活動してるポルノとは異なり
不遇の時代の長かった彼らへの応援?
君らの為に、微力ながらも協力させてくれ! みたいな(笑)

流石に武道館には行けませんが、DVDでるんでしょ? もちろん買いますよ!
 

元気ですー

 投稿者:砂城  投稿日:2016年10月28日(金)00時54分13秒
  誰も見てないと思うが、書いてみまする。

実生活が波乱万丈ではありますが、それでも元気で生きております。
あまりグチは言いたくないので、マイナス方面の出来事はするっとスルー致しまして、
嬉しい出来事だけ書かせていただきます。

私の書いたものが、商業ベースで発売されました!
「砂城」でググって頂ければ出てくると思いますが
『元OLの異世界逆ハーライフ』と言いまして、中身はタイトルのまんまのお話です。
買え、とは言いませんが、もし本屋で見かけることがありましたら
「おお、がんばってんなー」と思っていただけると嬉しいです。
 

ご心配をおかけし申し訳ありません

 投稿者:砂城  投稿日:2016年 4月16日(土)14時07分48秒
  砂城です、地震びっくりしましたー><

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、私、熊本在住です。
遠くに外輪山越しに中岳が見える、のんびりとした田舎なのですが、
いやー、今回の地震には驚きました。
そもそも九州は地震が少なくて、体感できるものなど年に2~3回あれば多い方です。
それが今回、マグニチュード7.3? 震度7とか6、それも複数回とか、
どういう晴天の霹靂ですか??

幸いにして、私が住んでいるところは被害の大きかった地区とは
かなり離れており(直線距離で50キロってところでしょうか)、
揺れは激しかったものの、これと言って大きな被害は出ておりません。
電気ガス水道、全部無事でしたし、屋根の瓦も落ちてなかったです。
ただ、まぁ、とにかくびっくりしました。

14日の前震(になったそうですね)も勿論ですが、16日未明の本震では、
棚の上に置いてあった物が落ちてきましたよ。
最初にガガガッと大きく揺れた後、横揺れがかなり長い間続いておりました。
携帯にはひっきりなしに地震速報が入って来るし(知っとるわいっ、既に揺れとるわいっ)、
真夜中なのに町内放送は流れるし、猫はビビッて布団に潜り込んでくるし、
積んでた本が崩れるし……。
何より、余震の多さと大きさに、しばらく眠れませんでしたよ(でも、結局寝ましたが)。
一夜明けまして、被害の大きさがはっきりしてくるともう……ホントに熊本の話なの? って感じです。

ですが、繰り返しますが、砂城本人は無事でございます。
砂城の身を案じてメールをしてくださった方もいらっしゃったこともありまして、
ここでもご報告させていただきます。
現在、どのくらいの方がここをご覧になっているかわかりませんが、元気でおりますので安心してください。

以上、取り急ぎ、生存報告でございました。
 

超お久しぶりです

 投稿者:砂城  投稿日:2016年 1月15日(金)10時18分11秒
編集済
  そして明けましておめでとうございます。
……何年ぶりだよ、おい;

流石にもうここを見ている人もいないと思うのですけど、残ってたんですねぇ、これ。
自分でもびっくりですがな。

リアル生活が多忙になり、創作活動から足を洗っていたのですけど、実は最近、また復活したんですよ。
ただ、もう『遥か~』の進み具合にはついていけず……つか、幕末苦手なんです;;
戦国辺りもそうなんですけど、基本的に『人が死ぬ時代』がダメなんですよね。
確か、その後は神話(日本書紀)辺りに飛んだそうですけど、前作やってないのに
すっ飛ばして次、ってのも性に合わなくて。
新作をかけるだけの萌えゲージを溜めることが出来ないでいます。
だったら、どうやって復活したのか、というと――

最近、話題になってる『小説家になろう』です。

身の程知らずにも、オリジナルです。登録名は『砂城』でやってます。
しかし、オリジナルって難しいです。
二次創作なら、予め世界観もキャラの性格も決まってるから(自分なりの解釈はあるにしても)、
その枠組みの中で書けばいいんですけど、オリジナルは一から自分で作らないといけない。
設定盛り込み過ぎで、そっちの説明にばかり手を取られて、ストーリーもキャラも碌に動けないとか、
書いてる途中で、『アレ? この設定、どっかで読んだことある?』とか……
『オリジナルあるある』の罠が山盛りで苦労してます。
自由になんでもかける分、楽しい苦労ではあるんですけどね。

てなわけで、やはりここの再開は無し、で……本当にすみません。
当面、プロバイダの変更もない予定ですので、何時までなのかはわかりませんが、
残してはおきますから、思い出したら覗いてやってください。


くりこさま
>あの、こちらで伺うのもなんなのですが、夜鴉の塔の方は復活されないのでしょうか?

一年半近く前の書き込みへのレスですので、既に自力で発見されてるかもしれませんが、
裏へのリンクは今も健在です(さっき確認しました)。
TOPから一つ入った『渡殿』にこそっと入り口がありますので、探してみてください。
(ヒントは右上)

それでは、久々に生存報告したところで、これにて失礼します。
 

感動です

 投稿者:くりこ  投稿日:2014年10月27日(月)03時33分39秒
  最近、見られなくなっていて、閉鎖されたとばかり思っていました。
発見できて感動です。
あの、こちらで伺うのもなんなのですが、夜鴉の塔の方は復活されないのでしょうか?
どちらも大好きだったので、復活されれば嬉しいと思います。
 

レンタル掲示板
/12