teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/111 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

DA PUMP!(まだ語るぜっ!)

 投稿者:砂城  投稿日:2019年 4月 1日(月)11時05分45秒
  通報 編集済
  なんか妙なスイッチが入っちゃったんで、
世間様は新元号で盛り上がっていますが、昨日の続きをば……

DA PUMPって、4人でデビュー→3人になる(SINOBUが抜ける)
→9人に増える(YUKINARI抜けて7人入る)
→8人にへる(KENが抜ける)→さらに減って7人になる(新メンバーのうちKAZUMAが抜ける、イマココ)
前回というか、最初にブレイクしたのはオリジナルメンバー4人の頃ですね。
(え? 知ってる? ごめん、語らせてww)

抜けたメンバーの中で平穏無事というか、円満に脱退したのはKAZUMAだけで
他の三名は何かしらあって辞めざるを得ない状況だったようです。
とはいえ、この詳細については各メンバーのプライバシーもありますし
単なる一ファンが偉そうに語れることではないのですっ飛ばしますが
一人残されたISSAの心境はかなり修羅場だったんじゃないかと思います;
尤も、そのISSAもあれやこれやそれや……と、かなーりヤらかしてましたがね。
『平成の火野正平』とか言われてたそうですよ。
そりゃあのルックスの上に『女性に恥をかかせたらダメ』というフェミニズム(?)で、
オールウェルカムだったらしいので、そりゃそうなるわなぁ。
私的にはそういうのがダメなのもあり、フライデーだのなんだのにとりあげられても
「へー、ほー、ふーん……自業自得じゃね?」でしたね。
まぁ、当時は今ほどインターネットが普及してなくて
公式HPとかはあったんでしょうが、SNSやTwitterみたいな『本人の生の声』が届きにくく
TVや雑誌の情報でしか知ることができなかったのもあります。
情報操作されていてもそれがわからない状況だった可能性もあります。
……半面、今みたいな状況だったらもっと炎上してたかもしれませんがね。
で。
何がいいたのか、なんですが

「再ブレイクしたのが事務所の力で、実力のある人がつぶされない時代でよかったー><」

勿論、いろいろとヤっちゃったらそれなりのペナルティが来るのは当然です。
(例・純烈のアノ人とか……)
なので、過去のあれやこれやでDA PUMPというグループが不遇だったのも
ある意味、仕方のないことなのかもしれません。
……新メンバーにしてみたら『なんで俺らまで……』って思いもあったでしょうが
そこで腐らずに頑張ってくれたからこそ、今回の成功があったと思います。
それに何より、力のある所から理不尽な圧力をかけられてTVに出られなくなっても
今ならナンボでも対抗手段がありますよね。
ファンにしても、あの当時は抗議の電話や手紙を送ることしかできなかったのが、
今ならネットでの草の根運動でいくらでも援護射撃できますよね。
(某事務所の力も、当時ほど絶対的なものじゃなくなってきたようですし)
そういう時代になって、そこに持ってきての大ヒット!
『何時再ブレイクするの? 今でしょ!』ですよ。

勿論、ISSAが相変わらずふらふらひらひらと飛び回ってたら
私もここまでハマってなかったので、そういう意味でもいいタイミング(偉そうに^^;)だったんですがね。
基本的に、アーティストのプライベートには興味がなくて
目に入る部分(TVだのコンサートだの)だけあればいい、ってタイプだったんですが
このご時世です、嫌でも目に入りますしね。
その上、苦労していた頃の話とかも知っちゃったら貴方……。
今じゃ各メンバーのツイは全員分フォローしてるし、
インスタはチェックしまくってるし……私も変わったもんだ(汗)。
去年のブレイク以前には更新の頻度も低めだし、なんとなーく沈んだ(?)雰囲気だったのが
ちょっとずつ明るくなってきてるのとか感じ取れて
そこにまたウルっと来たりして。
年取ると、涙腺が弱くなって困ります;

『2018年は感謝の一年でした。2019年はその感謝をお返しする年にしたいと思ってます』

いやいや、感謝するのはこっちですよ。
youtube巡りで、つい原稿が遅くなって徹夜したっていいんです(←よくねぇよっ!)
次回のヒーロー(予定)が、ISSAをイメージしたものになりそうなのも自然の成り行きです。
ちょうど今は東北のツアーの最中らしいですが
くれぐれも体に気を付けてね!
海を隔てた遠くから、おばちゃん、君らを応援してるよーっ!
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/111 《前のページ | 次のページ》
/111